事前に確認しておこう!法人PCのリースについて

リース期間が終了したらどうなるか

法人がパソコンを使うとき、複数の調達方法があります。多いのは購入ですが、それ以外にレンタルやリースなどがあります。購入をすれば、それ以降自由に利用できます。いつまで使おうが所有者の自由です。一方レンタルはレンタル期間しか利用できず、リースもリース期間しか利用できません。リースを利用して法人パソコンを導入するのであれば、リース期間終了後にどんな選択ができるかを確認しておきましょう。修了後はそのままリース会社に戻されるときがあり、その時は新たな契約を結ぶ必要があります。その他再リース契約ができる時があります。それまでのリース料金よりも安く継続利用ができます。その他割安に買取できれば調達コストを下げられます。

リース終了後の機械の扱いを聞いておく

パソコンを利用するとき、気になるのはパソコンの中身です。ハードディスクなどの記憶装置の中にはいろいろなデータが入っています。パソコンの画面上でデータを消したとしても、一定のソフトを使ったりするとデータの復元ができます。廃棄の時には十分注意が必要になります。法人向けパソコンをリースで調達するとき、リース期間終了後にリース会社に返却が必要になります。その後そのパソコンはどうなるのかです。他にレンタルなどとして使われたり、中古品として流通されたりすると困るかもしれません。リース会社に確認をして、リース期間後のデータの扱いを聞いておきましょう。多くではハードディスクの廃棄などをしてくれるようですが、必ずしてくれるわけではありません。